水宅配サービスの容器

水宅配サービスは、宅配された水タンクをレンタル設置されたウォーターサーバにセットすることで使用するのがスタンダードな方式ですが、この水タンクの形式が近年では変わってきています。

以前は硬質プラスチックのリターナブルボトルで、配達時に前回のボトルを回収するというスタイルだったのですが、この頃は使用後そのままペットボトル扱いで資源ごみに出せてしまう「ワンウェイボトル」が主流になりつつあります。

このワンウェイボトルは、フレキシブルなPET素材でできており、どちらかというと水ボトルというより水袋に近い性質を持っています。硬質ボトルと違い、容積が可変ですので、水を使用しても入れ替わりで空気が侵入しないという利点を持っています。