水宅配のウォーターサーバーが来る!電源はどこだ?


楽チンな水宅配サービスは、慣れたらもうやめられません。スーパーやドラッグストアで重いミネラルウォーターのペットボトルを大量に購入して自宅に持って帰るのはもうごめんです。普通のミネラルウォーターならインターネット通販で買って宅配してもらうこともできますが、水宅配のような良質な天然水やミネラルウォーターとはいかないのです。それにあの、便利なウォーターサーバー。お手軽な生活にすっかり慣れてしまうとやめられないのです。ウォーターサーバーは電気で稼動する電気製品ですので、設置するに当たっては電源の確保が必要になってくるでしょう。

ヘルシーな天然水やミネラルウォーターの充填された専用ボトルをセットすれば、コックをひねるだけですぐにお湯や冷水を注げるのがウォーターサーバーの醍醐味です。電気を入れないでただ水を注げば電気代の節約になると考えてしまいがちですが、ミネラルウォーターを冷やすことで雑菌の繁殖を抑える効果があることを考えると電源をしっかり確保して電気を通しておきたいと思います。

電源は普通の100Vでいいので、特別な工事などは必要ありません。本体を設置したら常時電源コンセントを差し込んだままでいいのです。思い立ったらカップラーメンにお湯を注ぐ。思い立ったら水割りを作る。そんな快適さに慣れてしまうと、ウォーターサーバーがなくなったら生きていけない、と思うくらい生活必需品になってしまうでしょう。旦那の小遣いはなしでもかまいませんが、水宅配の醍醐味であるウォーターサーバーを稼動させておく電源は必ず確保しておいてください。


水宅配を利用しているならウォーターサーバーの結露にご注意

水宅配が便利なサービスである以上に、水宅配業者からレンタルできるウォーターサーバーも実に便利な道具なのです。からだにいい天然水やミネラルウォーターがいつでもお湯として、また冷水としてすぐに汲めるのは快適です。思い立ったら温かい焼酎割りも冷えたカルピスもすぐに飲めるのがいいですね。その便利なウォーターサーバーですが、湿気や気温の関係で結露することもあるようです。

水宅配業者からレンタルするウォーターサーバーが結露すると、ついた水滴が滴ってウォーターサーバー本体の下を濡らしてしまうこともあるので気をつけたいものです。特に最近のキッチンに多いフローリングで濡れが生じると、シミや汚れになってしまうこともあるので注意が必要でしょう。

ウォーターサーバー本体を湿気の多い場所に設置してしまうと、結露もしやすいと思います。ガス台の近くや風呂場、脱衣所といった付近は普段から湿気が多いので避けたほうがいいかもしれません。

また、ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスをして内部を清潔に保っておくことも重要です。やはりからだの中に取り入れるものは衛生面には注意したいですね。ミネラルウォーターもいろんな成分が豊富に含まれているので人間のからだにも栄養となるのですが、その栄養を微生物も食べて繁殖することもあるのです。ウォーターサーバー内を定期的に清掃していればそうした問題を防げますので、洗浄、消毒、部品交換などを行なっていきたいものです。


水宅配で楽しめる海外のおいしい水

とっても便利な水宅配システム。重い天然水やミネラルウォーターを玄関口まで運んでもらえるのがすごくお得で便利です。この宅配システムでは、海外のおいしい水を宅配してもらうことも可能なのです。

からだにいいと話題の海洋深層水。ハワイ島沖の海の底から湧き出てくる深層水を宅配してもらうことができます。火山列島でもあるハワイは大陸プレートのど真ん中にあるホットスポットの上に位置しています。200メートル以下という深層にある海洋深層水はナトリウムやマグネシウムといった人間のからだに近い成分を含んでいて、吸収しやすい水なのが特徴です。

カナダで採取できる氷河からのミネラルウォーターも宅配で届けてもらうことが可能です。数千年前の水が凍ったままの状態という部分もある氷河。そこから溶け出した水は不純物をほとんど含まない超純粋なミネラルウォーターです。硬度も低く軟水のため、日本人にとっても飲みやすいのがうれしいですね。この中に数千年前の空気が入っているかと思うとじっくり味わいたくなるミネラルウォーターです。

スペインの温泉地から運ばれたミネラルウォーターも宅配してもらえます。昔から治療にも使われてきた温泉水は硬度も低い軟水で、飲みやすいのです。ナトリウムを多く含んでいますので、激しいスポーツをした後の塩分補給にもいいのです。

自宅やマンションに居ながらにして海外のミネラルウォーターを水宅配してもらえる。なんと便利な時代になったものですね。


飲水機について知りたい!
「飲水機」と言うと、まったく聞いたことが無いと言う方も少なくないでしょう。昔は、公共施設などによく設置されていたもので、ペダルを踏むと水が噴射されて、水を飲むことが出来るという機械がありました。コンサートホールや市町村役場などで見かけたことがある方はいるのではないでしょうか。

その機械が飲水機というもので、今ではあまり見ることはありません。というのも、これはあくまでも「水」を飲むための機械であって、衛生面で考えると問題が多いからです。不潔ということではありませんが、噴射口が上に向いているため、水を飲む時にその噴射口に唾液などが付いてしまいます。1回使うごとに掃除するというものでもないので、雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

また、飲水機自体も、整水器や浄水器ではないのですから、利用頻度が少ないとパイプに古いお水が溜まってしまいます。水の安全性についても話題になることが多くなり、自動販売機で飲み物を購入するということも当たり前になったので、利用する人はどんどん減っていきました。そのため、今ではほとんど見かけることがなくなったのです。

その代わりに登場したのが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーのお水は、コップで飲むものなので、とても衛生面に優れています。また、水の種類も水道水などではなくミネラルウォーターや天然水なので、味も美味しく、安全に飲むことが出来ます。飲水機よりもコストはかかりますが、サービス的なもので導入している法人も多く、飲水機の代わりとしていろんな場所で利用されています。